Morijyobi News

【地域リーダー第1期生】活動の集大成!提言プレゼンテーション実施!

2019/02/21 更新

モリジョビを含むMCL専門学校グループでは、受験方法に『地域リーダー育成特待生制度』を設けています。
各専門分野においてリーダー的存在となる人材の育成を行うためで、選ばれた学生は研修や交流会などの特別プログラムに参加できます。

 

今回は、盛岡市観光交流課の方々へ、第1期生メンバーの集大成となるプレゼンテーションを実施しました!
タイトルは『市民がつくる理想郷(もりおか)』
活動当初は、啄木新婚の家周辺の空き家問題を中心に考えていた学生たちですが、活動を続けていくうちに、空き家の整備や有効活用だけでなく、“市民が主体となる町づくりをしたい”と考えるようになりました!

 

 

 

・複合型施設の建設により観光客などの誘致につながる
・公園の建設の際にL字ベンチを設置することでコミュニケーションが取りやすくなり、高齢者の孤独感の解消や子育て世代のサポートにつながる
・市民の声を反映するための「もしもボックス」や「Instagram型投票パネル」
など、若い世代から見た町づくりを提案しました。
※ちなみに、上記に紹介した提案はほんの一部で、まだまだたくさんあります!

 

盛岡市観光商工課の方からは、これまでの活動とプレゼンテーションについてお褒めいただき、地域の発展のためには若者の意見が欠かせないとのお言葉もいただきました。

 

第1期生の活動は、第2期生へと受け継がれていきます!
今後の活動が楽しみです(*´ー`*)ゞ

 

 

プレゼンテーションを終えた第1期生はホッとひと安心…
と思いきや、テレビ局の取材にちょっと緊張気味!?

 

 

MCL専門学校グループとしても初めての取り組みだった第1期生★
2年間の活動、お疲れ様でした(≧∀≦)ゝ