高度情報工学科

高度情報工学科の特徴

コンピュータの基礎から学び、実践的な最新技術を身につけられます。

  • 授業の様子

    特徴01

    4年制学科卒業で「高度専門士」を取得

    4年制の専門学校を卒業することで「高度専門士」の称号が付与され、高い職業スキルを有することが証明されます。公務員では待遇面で大学卒業者と同等の扱いになるほか、大学院への入学資格が得られるなど多くのメリットがあります。

  • 特徴02

    研究開発の授業で高度なスキルを習得

    スマートフォンのアプリケーション開発やWEBシステム開発、または組込システムの開発など、様々なシステム開発に挑戦できます。専門分野に特化した研究開発の授業が充実しており、時代の先端をいく高度なITスキルを身につけることができます。

    授業の様子
  • 高度情報工学科の授業の様子

    特徴03

    幅広い教養科目で総合的な人間力を育成

    専門知識だけでなく、人間的な成長ができる教養科目が充実。リーダーに必要なコミュニケーション能力やマネジメント能力など、総合的な力を身につけます。また、長期的な資格対策授業により、高度情報処理試験やベンダー試験などにも挑戦できます。

高度情報工学科で目指せる資格

共に学んで、IT企業を目指すために必要な資格取得を目指そう。

システム系学科の就職実績

卒業後、多くの先輩たちがIT業界で活躍しています。

  • システム系学科の就職率

    平成28年度の就職率

    100%

    目指せる職業
    • ・プロジェクトマネージャー
    • ・ITアーキテクト
    • ・システムエンジニア
    • ・プログラマ
    • ・セキュリティスペシャリスト など
    専門就職率 82%
  • 主な就職先

    • ヤフー株式会社
    • セコム株式会社
    • 株式会社IIJエンジニアリング
    • NTTコムエンジニアリング㈱
    • ㈱アドバンストラフィックシステムズ
    • 株式会社アイシーエス

※平成29年3月31日現在

 

高度情報工学科のコース紹介

君の夢を叶える、高度情報工学科のコース。

  • 高度情報工学科

    ITソリューションとはITを活用してお客様が抱える様々な問題を解決することで、こうしたサービスを行う企業が現在のIT業界の約8割を占めています。本学科では4年間の学習期間で様々なソフトウェア開発手法を学び高度なアプリケーション開発技法を習得します。また、チームによるプロジェクト型開発演習を繰り返し行うことで、IT企業が求める設計能力やスキルマネジメント、リーダーシップを身につけます。特に、IT企業から求められる業務用アプリケーションの開発やクラウドネットワークの活用を中心的な学習内容としながら、IT業界でトレンドとなっているビッグデータやAI、セキュリティ技法など幅広い開発に対応できる人材の育成を目指します。高度なソフトウェア開発技術を習得することで、実践的な能力を武器に大手IT企業への就職を目指すことができます。

先輩からのメッセージ

よりよい生活を提供できるシステムをつくることが夢です!

システムエンジニア兼プログラマーとして、病院で使われる電子カルテの設計、製造から納品後の顧客対応まで幅広い業務を行っています。患者様の情報を管理する重要なシステムなのでミスは許されませんが、責任が重大なだけにやり遂げた時の充実感は大きいです。

この仕事は、技術以上に実はお客様と話すことが多い職業。技術と共に社会経験を積み、自分の引き出しを増やすことも大事です。

ITエキスパート科卒業 青沼 祥平さん

株式会社アイシーエス

青沼 祥平さん(盛岡商業高校)