事業の概要

スマートフォンアプリケーション開発技術者養成プロジェクト

メニュー・分野

メニュー 分野
  (1)① 専修学校等における中長期的な人材育成コースの開発・実証  
(1)③ 専修学校等における短期専門人材育成コースの開設・実証 スマートフォンアプリケーション開発技術者養成
  (2)専修学校等における就職支援体制の充実強化  

事業実施期間

契約日~平成25年3月15日

事業の概要

 Androidに代表されるスマートフォンやタブレットPC向けのアプリケーションの開発の市場は、OSの進展やモバイルディバイスの高性能化により、平成23年に大きく拡大し、更に今後も拡大されることが予測されている。多くの企業がこの新たな領域の開発を手がけ始め、開発者の不足が顕著になっている。
 岩手県は、ソフトウェア産業の集積が進み多くのソフトウェア開発を受注する地域である。昨年度文部科学省の委託事業で情報家電の組込みソフトウェア技術者の育成に取り組んだが、事業の過程で、岩手県のソフトウェア開発では、東日本大震災からの復旧に追われてAndroid技術への対応が立ち遅れているため、他地域へ開発案件が流出していることが明らかとなった。
 本事業では、本校を中心に複数の専門学校およびIT企業、ソフトウェア開発企業、商工会議所、ハローワーク等と協力し、産学官連携のもと岩手県のソフトウェア産業の復旧・復興を担うAndroid技術者の育成の講座を実施する。講座実施には、東北地方のモバイル端末(Android、iOS)のアプリケーションソフトウェア開発が復旧・復興に求める人材・能力を調査分析し、協力専門学校の教育カリキュラム及び教材に必要な知識・技術等を付加し、カスタマイズして活用することとする。教育カリキュラム及び教材を用いて本校学生を対象とした講座を実施し、その検証と精査を行う。Android技術者育成講座を実施し、東北地方のソフトウェア産業の復旧・復興を担う技術者の育成を推進する。